神社 男女神社 縁結び 子宝 パワースポット 癒し 感謝 お守り 祈願 願い 佐賀 佐賀市 大和町 円満 安全 健康 観光 景色 夫婦 家庭 
 
 
感謝と癒しの社 
なんにょじんじゃ 男女神社
感謝と癒しの社 
 
 
 さくらの広場
お参りした人の
声が聞けるよ
 有難う日記
良い事があって
良かったね
 参拝者名簿
願い事を書いてね
お祈りします
 感謝のノート
楽しくなるよ
初めてみよう
 赤ちゃん写真
生まれてくれて
ありがとう
縁結びお札
神様の使いの方に
お願いしてみよう

御祭神

縁結び

子 宝

御守り

掲示板

日 記

場 所

四 季

表 紙

 奉納演奏
癒しの音楽の
演奏があります
 家族旅行
家庭・夫婦円満は
大切な事ですね
 パワースポット
天どこ店長さんが
紹介されています

歴 史


<目次> 1.佐賀の歴史について

     2.今山の合戦と男女神社



   


1.佐賀の歴史について(参考ページ)

 
皆様、佐賀の歴史について一番に何が浮かばれますか?普通に考えたら、佐賀七賢人(枝吉神陽を含め八賢人)だと思いますが、佐賀にはそれ以前に、今山の合戦(陣)という素晴らしい歴史があります。

 今も佐賀の各地域に昔から残っている舞や踊りの中、特に
佐賀面浮流は、皆様も良く知られるところと思いますが、それがこの今山の合戦にもとづくものと伝えられています。

 今山の合戦とは、戦国時代の鍋島直茂候(佐賀藩祖)が豊後の大友宗麟の大軍勢に対し、奇襲戦法で大勝利をおさめた戦いです。

 今山とは地名のことで、佐賀市大和町大字久留間の中の山からふもと付近で、字(あざ)今山が今でも地名に残っていて、男女神社も字今山となります。


   


2.今山の合戦と男女神社

 
今山の合戦(陣)とは、戦国時代、豊後の国(大分県)の大名大友宗麟
(そうりん)と、肥前の国(佐賀県)の大名龍造寺隆信(たかのぶ)との合戦で、龍造寺の家老の鍋島直茂(なおしげ)侯(後の佐賀藩祖)が、この今山の地(現在の佐賀市大和町大字久留間字今山)で、大友6万(6万~10万の説あり)の大軍に僅か7百(5百~7百の説あり)の兵で奇襲し、総大将大友親貞(ちかさだ:宗麟の弟、又は甥)を討ち取った戦いである。

 当時この地は仏教繁栄の霊地で、
男女神社は、東の谷に講堂棟、西の谷に楼門を持つ大社であり、光明寺(男女神社南東約八〇〇メートルに位置し、今は廃寺)の座主(最高位の僧侶)が、男女神社の神座を勤めていたが、この戦いの日に戦火に焼かれ、宝物・古文書等は全て焼失する。

 元亀元年(1570)
大友六万の大軍に包囲された佐賀城は、5千の兵力しか無く、軍評定で篭城や降伏論が飛び交う中、鍋島直茂は奇襲(夜襲)を進言、無謀だと否定的だった龍造寺隆信も、母の慶誾尼(けいぎんに)の激で奇襲を決行する事となる。

 
大友軍本陣男女神社東の赤坂山中腹に布陣し、8月20日(陽暦9月19日)を佐賀城総攻撃と定め、その前日に勝利の前祝いの酒宴を開いた。

 酒宴の情報を知った
鍋島直茂は、午後6時頃、佐賀城を僅か17騎で出発したが、近隣の武将達も次々に駆け付け、今山に着く頃には7百余りの兵になり、地元の山伏達の協力を得、男女神社の西側から谷伝いに山を登り、密かに大友軍の背後、赤坂山裏側(ここには2百~3百の兵を布陣)に潜伏する。

 明朝七時頃、
男女神社北東の大松(鐘かけ松:昭和三〇年頃迄存在、鐘は新庄八幡宮から運んだ伝えられる)に掛けた鐘の合図で、「寝返った者が出た」と虚報を流し、一斉に奇襲を敢行、武具も付けず油断していた大友勢は大混乱に陥り、同士討ちを始めた軍中で、総大将親貞主従三人は何とか混乱を脱したが、山伝いに逃れるところを、首を挙げらてしまう。総大将を討たれた大友軍は一瞬にして烏合の衆と化し、2千余の兵を討たれて潰走、奇襲は大成功に終わった。

 その時、
鍋島勢は各々鬼面を冠り、鐘、太鼓を打ち鳴らして奇襲をかけたと伝えられ、佐賀の郷土芸能の面浮流として現在も残っている。

 
男女神社は、承応三年(1654)佐賀初代藩主鍋島勝茂侯小城藩祖鍋島元茂侯の出資で再建、また鍋島元茂は、古戦場跡に正勝寺(字横馬場に現存)を建立する。

 大正15年(1926)佐賀で陸軍特別大演習が行われ、御前講和で
今山の合戦の講和がなされ、昭和6年(1931)陸軍大学参謀演習にて、秩父宮雍仁親王殿下が、今山の合戦ご研究のためこの地に立たれ、前方の小円古墳の上に記念碑が建てられている




由 来

お祭り

祈 願

参 拝

歴 史

神 話

観 光

旅日記

連 鎖

 楠・招霊の木
佐賀県と佐賀市が
保存樹に指定
 バルーン(気球)
男女神社から沢山のバルーンが見えます
御朱印
御朱印は300円
感謝を朱書します